医学部(大学病院)の沿革

昭和18年2月 徳島県立徳島医学専門学校を設立
4月 徳島市民病院が徳島県に移管され、徳島県立徳島医学専門学校附属医院と改称
昭和20年4月

徳島県立徳島医学専門学校、同附属医院が官立に移管され、徳島医学専門学校、同附属医院にそれぞれ改称(文部省令第5号)
7月 戦災により附属医院の全施設を焼失
昭和22年10月 徳島市蔵本町2丁目の現在地(元西部第33部隊跡)に移転
昭和23年2月

徳島医科大学が徳島医学専門学校、徳島高等学校を包括して設置され、これに伴い附属医院は徳島医科大学附属病院と改称(政令第33号)
11月 徳島市新蔵町2丁目に附属病院の分院を設置
昭和24年5月

国立学校設置法(昭和24年法律第150号)により、徳島医科大学、徳島医学専門学校、徳島高等学校を包括して徳島大学医学部(入学定員60人)が設置された



徳島大学医学部設置に伴い,徳島医科大学附属病院は徳島大学医学部附属病院と改称
(開設科は、第一内科、第二内科、精神神経科、小児科、外科、皮膚泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科(院内措置)、
産婦人科の10診療科と中央手術部(院内措置)、中央材料部(院内措置)で発足)
昭和25年4月 分娩室設置(院内措置)
昭和26年3月 徳島大学徳島医学専門学校を廃止
4月




医学部医学科講座設置
(基礎講座は解剖学第一、解剖学第二、生理学、生化学、薬理学、病理学第一、病理学第二、細菌学、衛生学、法医学の10講座
臨床講座は内科学第一、内科学第二、神経精神医学、小児科学、外科学第一、外科学第二、整形外科学、皮膚科学及び泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、産科婦人科学の11講座)
附属病院に第二外科、整形外科を設置(外科から分離)、歯科を設置(院内措置)(13診療科となる)
昭和28年4月 附属病院に中央放射線部を設置(院内措置)
8月 生理学第二講座を設置(22講座となる)
昭和29年9月 徳島大学徳島医科大学(旧制)に医学博士の学位審査権が認可された
昭和30年4月 医学部医学進学課程を設置(入学定員60人)
放射線医学講座を設置(23講座)
附属病院に放射線科を設置
7月 大学院医学研究科を設置(入学定員25人)
昭和32年4月 公衆衛生学講座を設置(24講座となる)
昭和33年4月 大学院医学研究科の入学定員が22人に変更
附属病院の分院を廃止
昭和34年4月 附属病院に中央臨床検査部(院内措置)及びRI診療部(院内措置)を設置
昭和35年3月 徳島医科大学を廃止
昭和36年3月 附属病院中央診療棟(RC3 2,654 m2)が竣工
4月 医学部附属酵素研究施設を設置
昭和37年4月 附属病院に中央臨床検査部及び中央手術部を設置、薬局を薬剤部と改称
昭和38年4月 皮膚科学及び泌尿器科学講座が皮膚科学講座と泌尿器科学講座に分離(25講座となる)
附属病院の皮膚泌尿器科から泌尿器科を分離して増設(14診療科となる)
昭和39年4月 医学部に栄養学科(入学定員50人)を設置(文部省令第20号)
附属病院事務部に管理課及び業務課を設置、物療部を設置(院内措置)
昭和40年3月 医学部総合研究室(RC5 1,186 m2)が竣工
附属病院の第1病棟(RC5 8,097 m2)及びボイラー室(S1 400 m2)が竣工
4月 栄養学科に栄養化学講座、栄養生理学講座、食品学講座の3講座を設置
附属病院に歯科を設置
8月 大学(大塚)講堂(RC2 1,186 m2)が竣工
昭和41年3月 栄養学科棟(RC5 3,977 m2)及び放射性同位元素総合研究室(RC1 279 m2)が竣工
附属病院看護婦宿舎(RC4 2,866 m2)が竣工
4月 医学科に寄生虫学講座を設置(26講座となる)
栄養学科に特殊栄養学講座、栄養衛生学講座を設置(5講座となる)
医学部附属海洋生物実験所を設置
医学科の入学定員が80人、大学院医学研究科の入学定員が48人に変更
附属病院に中央材料部を設置
附属病院の外来棟(RC3 11,599 m2)が竣工
昭和42年4月 栄養学科に病態栄養学講座及び実践栄養学講座を設置(7講座となる)
6月 医学科に痲酔学講座を設置(27講座となる)
附属病院の精神神経科を精神科神経科に、産婦人科を産科婦人科に改称
昭和43年3月 臨床研究棟(RC8 6,015 m2)及び臨床講義室(RC3 889 m2)が竣工


附属病院の管理部及び第2病棟(SRC8 6,743 m2)が竣工、分娩室及びサービス棟(RC51,917 m2)が竣工、救急診療棟(RC3 1,071 m2)が竣工
4月 栄養学専攻科を設置(入学定員15人)、医学科の入学定員が100人に変更
昭和44年2月
基礎研究棟(RC5 6,733 m2)が竣工
学生実習室及び基礎講義室(RC5-2 3,844 m2)が竣工
3月 栄養学専攻科を廃止
4月 大学院栄養学研究科(修士課程)を設置(入学定員14人)、大学院医学研究科の入学定員50人に変更
附属病院に痲酔科を設置(15診療科となる)
昭和45年3月 附属病院の厨房及び洗濯場(RC2 2,210 m2)が竣工
昭和46年3月 臨床学生控室(RC2 224 m2)が竣工
4月 大学院栄養学研究科(博士課程)を設置(入学定員7人)、医学科に内科学第三講座を設置(28講座となる)
附属病院に第三内科を設置(16診療科となる)
昭和47年3月 附属病院の第5病棟(RC2 2,871 m2)が竣工
4月 大学院医学研究科の入学定員が52人に変更
附属病院に理学療法部を設置(旧物療部)
9月 附属病院に分娩部を設置(院内措置)
昭和48年4月 大学院医学研究科の入学定員が54人に変更
附属病院に中央放射線部を設置
12月 特高受電室(RC2 805 m2)が竣工
昭和49年4月 医学科に脳神経外科学講座を設置(29講座となる)
医学科の入学定員が120人に変更
附属病院に脳神経外科(17診療科となる)及び視能訓練部を設置
昭和50年4月 医学科にウイルス学講座及び口腔外科学講座を設置(31講座となる)
9月 廃棄物処理場(S1 192 m2)が竣工
10月 歯科は歯科口腔外科と改称(文部省訓令第22号)
昭和51年10月 附属病院に分娩部を設置(文部省訓令第27号)
昭和52年4月 医学科の口腔外科学講座は歯学部へ移行(30講座となる)
大学院医学研究科の入学定員が56人に変更
昭和53年4月 附属病院の事務部を3課(総務課、管理課、医事課)に改組
11月 維持管理センター(RC3 1,298 m2)が竣工
昭和54年4月 附属病院の中央臨床検査部、中央手術部、中央放射線部、中央材料部をそれぞれ検査部、手術部、放射線部、材料部に改称
附属病院に輸血部を設置(院内措置)
歯科口腔外科は歯学部附属病院の設置に伴い廃止(文部省訓令第4号、16診療科となる)
昭和55年3月 放射性同位元素総合研究室(RC2 655.98 m2)を増築竣工
昭和56年3月 附属病院に難聴診療部を設置(院内措置)
12月 附属病院第3病棟(SRC8 10,954 m2)が竣工
昭和57年4月 附属病院に難聴診療部を設置(文部省訓令第9号)
昭和58年4月 附属病院に救急部を設置(文部省訓令第8号)
昭和59年4月 医学科に臨床検査医学講座を設置(31講座となる)
5月 附属病院に特定集中治療室を設置(院内措置)
昭和60年4月 医学部附属動物実験施設を設置
附属病院に心臓血管外科を設置(17診療科となる)
昭和61年4月 医学科の入学定員が100人に変更
昭和62年5月 医学部附属酵素実験施設及び医学部附属海洋生物実験所を廃止(酵素科学研究センターとして独立)
9月 医学部附属動物実験施設(RC6 4,199 m2)が竣工
12月 医学部職員(青藍)会館(RC2 772 m2)が竣工
平成2年3月 附属病院のMRI-CT装置棟(RC1 305 m2)が竣工
4月 医学科の入学定員が95人に変更
寄附講座(臨床分子栄養学(大塚)講座)を設置
6月 附属病院に輸血部を設置
医学部及び附属病院の事務部を統合し、医学部事務部(総務課、管理課、学務課、医事課)に改組
平成4年4月 附属病院に集中治療部を設置
平成6年10月 附属病院のMRI-CT装置棟(救急診療棟横)(S1 220 m2)が竣工
平成7年4月 附属病院に形成外科を設置(18診療科となる)
平成9年4月 附属病院に医療情報部を設置(院内措置)及び病理部(院内措置)を設置
分子酵素学研究センター設置(酵素科学研究センターを改組)
平成10年4月 ゲノム機能研究センター設置
7月 附属病院東病棟(SRC8 19,820 m2)が竣工
平成11年4月 附属病院に周産母子センターを設置(文部省訓令第11号)
平成12年4月 附属病院に医療情報部を設置(文部省訓令第15号)
アイソトープ総合センターを設置
平成13年4月 附属病院に病理部部を設置(文部科学省訓令第77号)
10月

医学科に保健学科(入学定員124人、3年次編入学定員16人)を設置(文部科学省令第77号)(学生受入れは平成14年4月1日)
平成14年4月


医学科を9大講座に改組
(発生発達医学、病態予防医学、社会環境医学、情報統合医学、病態情報医学、感覚情報医学、器官病態修復医学、生体防御腫瘍医学、感覚運動系病態医学の9大講座)


大学院医学研究科の5専攻(生理系、病理系、社会医学系、内科系、外科系)を医学専攻(入学定員46人)及びプロテオミクス医科学専攻(入学定員18人)に改組
平成15年3月 附属病院中央診療棟(RC5 17,876 m2)が竣工
4月 大学院医学研究科修士課程(入学定員20人)を設置
医学科に救急集中治療医学分野、神経情報医学分野、循環機能制御医学分野及び形成外科学分野を設置
附属病院に臨床試験管理センターを設置
平成15年10月

徳島大学医学部附属病院と徳島大学歯学部附属病院が統合し、徳島大学医学部・歯学部附属病院を設置
診療科体制を10大診療科体制に再編


医学部事務部を病院事務部と分割し、歯学部、薬学部事務部と統合した医学・歯学・薬学部事務部に改組。病院事務部を設置(総務課、企画経営課、医事課、医療サービス課)
平成16年4月





大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の設置に伴い、大学院医学研究科は大学院医科学教育部に、大学院栄養学研究科は大学院栄養生命科学教育部に、動物実験施設は大学院ヘルスバイオサイエンス研究部附属動物実験施設に改組
栄養学科を2大講座(基礎予防栄養学講座、臨床実践栄養学講座)に改組
大学院栄養生命科学教育部(前期課程)の入学定員が22人に変更
大学院栄養生命科学教育部(後期課程)の入学定員が12人に変更
医学・歯学・薬学部事務部に医療技術短期大学部事務部を統合し、医学・歯学・薬学部等事務部に改組
医学(医学科、栄養学科)、歯学、薬学部の教員組織を統合し、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に改組
附属病院の救急部と集中治療部を統合し、救急集中治療部を設置
5月 附属病院がISO 9001認証を登録
12月 附属病院周産母子センターは総合周産期母子医療センターに指定
平成18年4月
大学院保健科学教育部保健学専攻(修士課程入学定員14人)を設置
助産学専攻科(入学定員10人)を設置
附属病院看護教育支援室を設置
事務組織を再編し、病院事務部を3課体制に再編(総務課、企画経営課、医事課)
6月 附属病院がん診療センターを設置
7月 がん診療センターをがん診療連携センターに名称変更
平成19年1月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(腫瘍内科学分野)を設置
4月 病院事務部を4課体制に再編(総務課、経営企画課、経理調達課、医事課)
5月 理学療法部をリハビリテーション部に名称変更
6月 大学院医科学教育部(医科学専攻,医学専攻)及び医学部(医学科)に地域医療学分野、循環器内科学分野を設置
10月 附属病院に糖尿病対策センターを設置(受託事業)
平成20年 4月

大学院保健科学教育部保健学専攻に博士後期課程(入学定員5名)を設置
大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に保健科学部門を設置し大学院保健科学教育部の教員を同部門へ移行
附属病院の薬剤部、医療情報部を大学院ヘルスバイオサイエンス研究部ヘ移行
10月 放射線科に置く放射線科を放射線診断科と放射線治療科に変更
平成21年 3月 医療情報部を改組し、病院情報センターを設置
4月




医学科の入学定員が105人に変更
大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に微生物学講座を設置
(生体防御医学分野及び微生物病原学分野を配置し分子細菌学分野を統合)
大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に総合研究支援センターを設置
(医学部先端医療研究資源・技術支援センター及び研究部附属動物実験施設を移行)
9月 附属病院西病棟(SRC11 19,100㎡)が竣工
平成22年 4月



医学科の入学定員が、112人に変更
大学院医科学教育部修士課程の入学定員が10人に、大学院医科学教育部博士課程が51人に変更
大学院栄養生命科学教育部(後期課程)の入学定員が9人に変更
大学院保健科学教育部(博士前期課程)の入学定員が19人に変更
学部附属から大学直轄となることに伴い、医学部・歯学部附属病院から徳島大学病院に名称変更
12月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に医療教育学講座を設置
平成23年1月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(心臓血管病態医学分野)を設置
4月

事務組織名称が医学・歯学・薬学部等事務部から医歯薬事務部に変更
医学科の入学定員が、114人に変更
病院事務部を5課体制に再編(総務課、経営企画課、経理調達課、医事企画課、医療支援課)
10月 栄養管理室を改組し、栄養部を設置
平成24年3月 助産学専攻科を廃止
4月 大学院保健科学教育部(博士前期課程)の入学定員が27人に変更
平成25年4月

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(先端運動障害治療医学分野)を設置
大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に医療栄養科学講座(疾患治療栄養学分野)を設置輸血部が輸血・細胞治療部に改称
輸血部を輸血・細胞治療部に改称
11月 口腔インプラントセンターを設置
12月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(地域総合医療学分野)を設置
平成26年4月
栄養学科を医科栄養学科へ改組
安全管理対策室を改組し、安全管理部と感染制御部を設置
7月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(脊椎関節機能再建外科学分野)を設置
平成27年2月 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部に寄附講座(地域医療人材育成分野)を設置
4月

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部を大学院医歯薬学研究部に改組(医科学部門5系41分野、栄養科学部門1系8分野、保健科学部門3系24分野、産学官連携部門2系7分野)
事務組織名称が医歯薬事務部(総務課、学務課)から医歯薬事務部(医学部総務課、医学部学務課)に変更
11月 大学院医歯薬学研究部に寄附講座(糖尿病・代謝疾患治療医学分野)を設置
平成28年4月 事務組織名称が医歯薬事務部から蔵本事務部に変更