兵庫支部

兵庫支部の紹介


 徳島大学医学部医学科の入学者は兵庫県はここ10数年ずっと二桁で徳島県に次いで多い。
 青藍会兵庫県支部会の目的は,兵庫県内の青藍会員相互並びに徳島大学医学部との連携、交流、懇親を通じて診療、学術研究の向上をはかり、徳島大学医学部医学科の益々の発展を目的とする。
 兵庫県は、摂津と丹波の各西半分および但馬と播磨と淡路の各全域に当たるが、僅かながら美作と備前の各一部も含んでおり、計7か国にまたがっている。県内に300余名いる青藍会員ですが、内訳は神戸が1/3の100余名で、あとは阪神間、明石、加古川、姫路の播州、次に淡路に多い。
 毎年5月に世話人会、秋に総会を開催しています。現状では世話人就任は自薦・他薦ともOKです。
 


 【平成29年度】
 平成29年の兵庫支部総会は平成29年11月12日(日)ホテル竹園芦屋で特別講演に徳島大学の呼吸器・膠原病内科学の西岡安彦教授にお願いして開催しました。

 【平成28年度】
 平成28年度は10月に須磨で総会を開催して、7期生から研修医まで徳島からの4名を含めて33名の会員が参加した。会員の学術向上のために徳大教授に講演をして頂いています。平成28年度は医師会活動で熊本地震でJapan Medical Assistance Teamに参加された支部会員による報告もして頂き、参加者一同は、医療による社会貢献の熱意に感動した。
 平成29年の兵庫支部総会は平成29年11月12日(日)昼に芦屋駅前のホテル竹園芦屋で開催します。特別講演を 徳島大学の呼吸器・膠原病内科の西岡安彦教授にして頂きます。その他神戸市医師会長の置塩 隆先生に医師会活動について講演して頂く予定です。
 新しく青藍会員になられた研修医の方々も是非参加してください。卒後5年以内は参加費は無料にしています。

 

                                        兵庫支部長 楢林 勇 (医学部11期)