「第35回青藍会・医学科講演会」を盛会裡に終了いたしました

平成30年度青藍会講演会の報告

10月25日に蔵本祭の一環として医学科と青藍会共催の学術講演会が開催されました。講師には大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授の坂口志文先生をお招きし、野地徳島大学学長の座長のもと「自己と非自己の免疫学:新しい免疫医療に向けて」の演題で自己免疫病、アレルギーなどの免疫病、がん、臓器移植などに対する免疫医療の展望についてご講演いただきました。当日は、学生や教職員、青藍会会員、一般の方など県内外から206名の皆様にご出席いただき、ホール内に椅子を追加するほどの大盛況となりました。講演要旨については青藍会会報第92号に掲載される予定です。

35 kouenkai